ファッションやお肌同様、ヘアスタイルは女性にとって重要な要素の一つ。
特に髪が傷んでいるとパサついてぼさぼさヘアになりやすいので、ダメージを受けにくい髪に憧れちゃいますね。
今回はそんな方のために、10年美容師を努める方がおすすめする“ダメージ知らずヘア”をまとめていきます。

程よい明るさが魅力のシルキーベージュカラー

出典:Instagram

髪に負担をかけやすいになりやすいカラーリングですが、程よく明るい髪色にしつつダメージを抑えるならシルキーベージュを選んでみましょう。
ダークな色味をベースにほんのりベージュカラーで、柔らかいヘアを演出。
光の具合でシルキーな質感が生まれ、常にサラサラで艶やかなヘアスタイルを叶えます。

柔らかい質感になるスモーキーベージュ

出典:Instagram

シルキーベージュよりもちょっぴり落ち着いた風合いの、スモーキーベージュ。
髪に負担をかけるためブリーチを行わず、シックで上品なライトカラーを演出しています。
ほんのり髪にウェーブをプラスし、艶やかなヘアにまとめてもいいですね。

洗練された色味のダークグレージュ

出典:Instagram

人気のグレージュカラーもダークカラーにすると、こんなに洗練された色合いになります。
落ち着きがありつつもしっかりと明るさがあり、且つ艶やかなヘアスタイルにまとまっています。

マイルドなブラウン系のココアグレージュ

出典:Instagram

マットなココアカラーをグレージュカラーとミックスさせて、マイルドで優しいヘアにしたココアグレージュ。
毛先にウェーブ感を出すことで、艶やかで上品さが生まれているのがポイント。
しっかりと明るさがありつつも、清楚な印象にまとまるヘアカラーです。

出典:@kento__827
https://www.instagram.com/kento__827/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.