今回は、大人の女性にぴったりな暗めのヘアカラー特集です。オフィスでも浮かない落ち着いた色でありながら、垢抜けた印象を与えらえるトレンドカラーをご紹介します。
次の髪色を決める参考にしてみてくださいね。

グレージュでクールに

出典:Instagram

こちらは外国人のような透明感が魅力の「アッシュグレージュ」です。グレーやアッシュブルーといったシックな色が入っているため、クールな雰囲気が演出できます。
暗めな色だと、ミステリアスな大人っぽさに加えてツヤも出るのが嬉しいポイント。きれいめな服装や、スーツスタイルにもよく合います。
さらに色が落ちてもグレーっぽい見た目になるので、髪を染めた後の赤みが気になる人にもおすすめです。

温かみのあるチェスナットベージュ

出典:Instagram

「チェスナットベージュ」とは、栗の実に似たやや赤みがかった茶色を指します。
温かみのある色合いで、女性らしい柔らかな髪質を強調できるのが魅力。どんなメイクや服装にも合わせられるのも、嬉しいポイントですね。
よりこなれた仕上がりを目指す場合は、ハイライトを入れるのがおすすめです。さらに、ストレートで上品にしたりパーマやアイロンなどで動きをつけてフェミニンにしたりと、アレンジ次第で違った雰囲気を楽しめます。

透明感抜群のアイスラテグレージュ

出典:Instagram

定番のベージュ系カラーのなかでも、最近はカフェラテのような柔らかい色合いが特徴のラテカラーが人気を集めています。
特に大人の女性におすすめなのが、ラテカラーへさらにグレーなどの暗色を加えた「アイスラテグレージュ」です。
くすんだベージュがより落ち着いた色味になり、甘さを抑えた仕上がりに。暗めのヘアカラーでも個性を演出できるほか、透明感が出るのも魅力です。

定番人気のミルクティーベージュ

出典:Instagram

今トレンドのヘアカラーといえば、女性らしいまろやかな色合いが魅力の「ミルクティーベージュ」。暗めに染めても透明感があり、華やかでこなれた印象を与えられます。
また、ベーシックな色味なので多少明るめのトーンにしても浮きにくいのが嬉しいポイント。退色するとより淡いベージュになり、黄色みや赤みが目立ちません。
カジュアルコーデやフェミニンな服装とは、特に好相性です。

出典:@takuya_eua
https://www.instagram.com/takuya_eua/

Writer:藤真唯


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.