ベージュやカーキ、ブラウンなど秋らいいスタイリングが叶うアースカラーの他に、チェックしておきたいのがワインレッド。適度な渋みと華やかさを併せ持つカラーで、レトロなスタイリングを楽しみたいときや、カジュアルなコーディネートのクラスアップをしたいときに役立ちます。今回は、ワインレッドを取り入れた、旬のコーディネートをお届けするので、ぜひチェックしてみてください。

ラフに羽織ったカーディガンが抜け感を演出

【GLOBAL WORK】カーディガン ¥4,290(税込)出典:ZOZOTOWN

花柄のシャツにジーパンを合わせたカジュアルなコーディネート。そこへワインレッドのカーディガンを投入すると、秋ムードが漂う旬のスタイリングへと一瞬でシフトできます。ラフに羽織ったカーディガンが、ジーパンの重厚感を軽減し、抜け感を演出しているのもポイントです。ベレー帽を被って、レトロなニュアンスを加えるのもおすすめですよ。

レディ×カジュアルの好バランス

【La-gemme】ロングスカート ¥2,680(税込)出典:ZOZOTOWN

カジュアルコーディネートの定番アイテムであるボーダーのカットソーは、ワインレッドのスカートと合わせるとレディ感のあるスタイリングへ転換できます。ボーダーがもつカジュアルさはそのままに、ワインレッドの適度な重厚感と相性よくマッチし、バランスの良いスタイリングに。トレンチコートでトラッドなニュアンスを加えたり、コーデュロイジャケットで季節ムードを高めたりと、合わせるアウターによってもまた違った雰囲気を楽しめますよ。

Gジャンでメンズライクに

【le.coeur blanc】スカート ¥9,801(税込)出典:ZOZOTOWN

ダークグレーのニットに、ワインレッドのスカートを合わせたコーディネート。そこへGジャンをONしてメンズライクな着こなしへ落とし込むと、抜け感のある着こなしに。適度な緊張感と大人レディな印象のあるワインレッドでも、定番アイテムを合わせることによって、気負わず取り入れられますよ。足元はフラットシューズでラフにするのもアリ、スニーカーでカジュアルに仕上げるのもgoodです。

足元にさりげなくワインレッドを仕込んで

【Odette e Odile】シューズ ¥16,500(税込)出典:ZOZOTOWN

ブラックのニットに、ホワイトのパンツを合わせたモノトーンコーディネート。差し色としてワインレッドのシューズを投入すると、足元が華やかになり、重たくなりやすいモノトーンを程よくブライトアップできます。ミニマルなワンツーコーディネートでも、パッと目を惹くカラーを取り入れることで、物足りなさを感じません。

※すべての商品情報・画像はZOZO TOWN出典です。
※各商品はセール品などを含む販売価格を元に選出しており、価格変更や販売終了の可能性もございます。記事内の情報は執筆時のものになりますので、ご了承ください。

writer:ponkura


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.