こちらとしては何気なくとった行動だったのに、彼が思いのほか喜んでくれた。
あなたにはこんな経験ありませんか?
今回は、男性が実はされて嬉しいあれこれを集めました♡

ちょっとしたプレゼントや差し入れ

彼が疲れている時に、熱々のコーヒーを買ってきてあげる。
「〇〇くんが好きそうだから買っちゃった」と好物のチョコレートをプレゼントしてくれる。
こんなさりげない優しさや気遣いは、男性にとって思った以上に心に残るものです。
あくまで、相手を恐縮させない程度のちょっとしたものをプレゼントするのがポイントです。

軽いヤキモチ

相手を束縛するような強烈な独占欲は彼を辟易させますが、軽いヤキモチぐらいならむしろ喜ばれる場合も。
職場に女性が多いと聞いてちょっとだけ心配そうなそぶりを見せたり、彼が好きな芸能人にほんのりジェラシーを感じたり。
それぐらいのライトなヤキモチであれば、彼としては自分が愛されているのが実感できるので、むしろ「可愛いやつだな」と思ってもらえるかも。

いざという時は叱ってくれる

彼女が自分のことを本気で思って時には苦言を呈してくれることは、実は男性にとっては嬉しいもの。
いつもガミガミと小言ばかりでは「母親みたい」と思われかねませんが、本当に悪いことをした時に、ビシッと叱ってくれる女性は貴重な存在です。
自分に対して本気で向き合ってくれる芯の強い彼女のことを、男性は決して手放しません。

たまに吐く弱音

彼の前ではいつも明るく前向きな自分でいなくちゃ、なんて思ってはいませんか?
実は、辛い時には辛いと弱音を吐いてくれる方が、男性にとっては嬉しかったりします。
いつも完璧で隙がないと、「俺がいなくても大丈夫そう」なんて寂しがられてしまうかもしれませんよ。
たまには彼を頼ることも必要です。
思い切って、弱い自分を見せてみましょう。

嬉しいツボは人それぞれ。彼のことをよく知りましょう!

今回ご紹介したのはほんの一例です。
嬉しいツボは人によって違うので、日頃から彼をよく観察して、どんなことに喜んでもらえるのかを把握しておくことが大切。
ここぞと言うタイミングで、彼の心を掴むアクションを起こせるように準備しておきましょう。


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.