男女問わず好きな異性には、「両想いだ!」と自信が無ければ積極的な行動に移せないことも多いはず。そこで気になる男性には、こちらから両想いのサインを送ることで、アプローチしてもらえるかもしれません。「男性が両想いだと感じる瞬間」を4つご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

2人きりで会いたがられたとき

いつもは仲の良いグループの複数人で会っている相手でも、「2人きりで会いたいな」と言われた瞬間に両想いを確信する男性も居ます。ほとんどの人は「何とも思っていない異性と2人きりになる努力」はしないでしょう。女性から「2人きりになりたい」と言われると、それだけで「もしかして!」と意識してしまうようです。

ボディタッチが多いとき

多くの男性が、女性からのボディタッチが多いときに「両思いじゃないか?」と感じるようです。女性は何気なく行ったボディタッチでも、触れられた男性にとっては非常にドキドキする行為だったなんてこともあります。気になる男性には適度なボディタッチをすることで、あなたの気持ちに気づいてもらえるかも。

頼られたとき

男性はとにかく「女性に頼られる」と非常に嬉しいようです。
中でも女性から弱い姿をさらけ出されたときは、「俺が守ってあげなければ」「なんとかしてあげたい」と張り切る男性も多いもの。頼られて「俺のことを信頼してくれてるんだ」と感じる気持ちから、両想いを確信するというパターンが多いようです。

手をつないだとき

付き合っていない異性と手をつなぐことは、誰しも少なからずドキドキするのではないでしょうか。男性にとっても同じで、「この子も俺のことを受け入れてくれてるんだ」と思ってくれるかもしれません。特に女性の方から手を繋いできた場合には、確実に両思いだと思う男性も多いでしょう。

気持ちに気づいてもらうことは重要!

好きな彼に「両想いだ」と確信してもらうには、こちらからのアピールも大切だということがわかりましたね。彼が両想いを確信してくれれば、アプローチしてもらえる可能性も高まるでしょう。ぜひご紹介したテクニックを使って、恋愛を上手く進めてみてくださいね。


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.