入社してまず習うことといえば、名刺交換の方法ですよね。はじめて自分の名刺を持ったときは、なんだか嬉しいような誇らしいような気持ちになったものです。今回はそんな名刺の受け取りマナーについて、解説をまじえつつ一緒におさらいしていきましょう。

まずは基本の流れから。渡す前から受け取り後までをおさらい

渡す前

まず、名刺入れを手元に準備しましょう。相手の前にでてから初めて名刺を探しだすようでは遅ーーい! 名刺交換時に焦らず素早く取り出せるよう、ポケットなどに準備しておきましょう。
複数人で交換する場合は目上の人から順に交換するのがマナーなので、順番が来るまでに名刺を用意して待ちましょう。

渡す時

名刺は名刺入れの上に載せて渡すのが基本。机などは挟まず相手の正面に立ち、両手で持って差し出します。この際に社名、部署名、フルネームをはっきりと名乗ってください。
もしも同じようなタイミングで相手が名刺を出してきた場合、相手の差し出した名刺よりも低い位置に差し出すのがGOOD。

受け取る時

相手からの名刺を受け取る際には、原則両手でいただくこと。その際に「頂戴いたします」と一言添えるのがマナーです。いただいた名刺は、基本的に胸より上の位置にずっとキープしていてください。名刺は相手の分身なので、無下に名刺を下のほうに置くのは失礼にあたります。

もしも、同時に名刺を差し出された場合は、右手で自分の名刺を持って相手に自分の名刺を受け取ってもらいつつ、左手で相手の名刺を受け取ったのち素早く右手を添えます。

受け取り後

受け取った名刺はすぐに名刺入れにしまってはいけません。起立しているときは、名刺入れの上に乗せたまま、前述のとおり胸より上の高さでキープし、着席した際に名刺入れの隣に並べておきます。人数が複数人いる際には席順にならべておくと、顔と名前を一致させやすくなるのでおすすめです。

名刺をしまうタイミングは、基本的にはミーティングや商談が終わるとき。周りや上司がいれば上司に合わせるのがよいかと思います。名刺をしまうという動作は、席を立つ合図になっている場面が多いので、周りに合わせておくのが無難でしょう。

こんな名刺交換はNG!

片手で受け取る

基本的に日本の礼儀作法の動作って、扉の開け閉め、茶わんの持ち方など、両手を使うことが多いですよね。本当は片手でだってできるけど、あえてもう片方を”添える”。この添えるという動作に相手や道具へのリスペクトの意味が宿っています。
なので、名刺も両手で受け取るのが原則。もしも片手で受け取らざるを得ない場合は、一言詫びを入れながらいただいて、すぐにもう片方を添えて両手で保持してくださいね。

無言で名刺を渡す

名刺交換は初対面の名乗りの儀式。昔は、相手に名乗るという行為はまず下位の者から上位の者へ、相手の立場を敬する行いでした。時代劇で聞いたことがありませんか? お代官様みたいな人が、自分は名乗らないのに「そち、名はなんと申す?」なんて聞いてる場面。相手への尊重を表すためにも名刺を渡す際には手短に自分の身分を名乗るようにしましょう。

机を挟んでor座りながら名刺交換する

名刺交換は起立した状態で行うのがマナー。狭い会議室などに通されたとしても、入り口付近など余裕のある所で立って名刺交換するようにしましょう。

名刺交換は初対面の方に自分が何者かを知ってもらう広報活動。それと同時に「私はあなたとこれからコミュニケーションをとりたいのです、よろしくお願いしますね」という友好的なメッセージを伝えられる大事なシーンでもあります。
今回のコラムでばっちりおさらいして、ビジネスコミュニケーション上手になりましょう♡

Writer:SHOKO.S


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.