フレンチレストランは格式ばった雰囲気に緊張しちゃう? 大丈夫です、一番大切なのは雰囲気とお料理を楽しむ気持ち。当日は気持ちの余裕を持って過ごせるよう、このコラムでナイフとフォークの持ち方&置き方も含めてさっくりとマナーをおさらいしていきましょう。

ドキドキ♡フレンチレストランでの基本マナー

素敵なフレンチレストランは、楽しみでワクワクするのと同時に、マナー大丈夫かな?! なんて少しドキドキしてしまいますよね。まずはコースのはじまりから終わりまで、覚えておきたい基本マナーを一緒におさらいしていきましょう。

座り方

自分で椅子をひく必要はありません。エスコートの係の方が椅子を引いてくれますので、机に身体がつくくらいまで前に出て待ちます。差し出された椅子が膝に触れたあたりで腰を下ろすと、ちょうどよく座ることができますよ。

ナプキンについて

ナプキンを広げるタイミングは、はじめに飲み物などを持ってきてくれた時です。二つ折りにしたナプキンの輪の方を自分のお腹側にして広げます。口や手を拭くときは、折ったナプキンの内側を使います。自分のハンカチを出すのは「ナプキンが汚れている」という意味で、お店に失礼にあたります。
もしも食事中に一時的に席を立つ際には、椅子の背もたれにかけておけばOK。細かいポイントですが、離席の際は椅子の左側から出ていくようにすると尚GOODです。

ナイフとフォークの扱い方

ナイフとフォークの持ち方

フランス料理のフルコースでは、テーブルの上に複数のナイフやフォークなどのカラトリーが並んでいるかと思います。でも焦らなくて大丈夫。基本的には外側から、料理毎に使用していきましょう。右利きの方はフォークは左手・ナイフは右手、左利きの方は逆になります。

リラックス姿勢で持ち、人差し指は上から押さえるように柄の部分に添えます。柔らかい料理を食べる際はナイフの人差し指を上に出さず、つまむようにして持ちます。

食事中の置き方

食事中、一時的にナイフとフォークを置くときは、お皿の上でハの字になるように置きます。この時、ナイフの刃は自分側に、フォークは背(カーブの山なりの方)を上にします。

食事終了後の置き方

フォークの背は食事中とは反対の下向きに。ナイフとフォークをそろえて、時計の4時の方向に並べて置くのが「食べ終わりました」のサインです。

食事を味わう際のポイント

ドリンクの楽しみ方

フランス料理の場合は、まず食前酒を注文するのが一般的。とりあえずビールならぬ、迷ったらシャンパンを。その後は食事に合うものを好きにチョイスしてOKです。あっさり系の魚料理や前菜には白ワイン、お肉なら赤ワインというのが定番ですが、おすすめのペアリングをお店の方に聞いてみるのも良いでしょう。
なお、ワイングラスは親指・人差し指・中指・薬指で下の方を持ちましょう。これは体温で飲みものを温くしてしまい、風味を損なわないようにするためです。

スープの飲み方

スープは基本的には手前から奥にすくっていただきます。口に運ぶ際に”ズルズルッ”と音を立てないようにしましょう。吸い込むのではなく、静かに口に流し込むイメージを持つとよいでしょう。

メイン料理のいただき方

お魚やお肉などのメイン料理は、身が崩れないように筋を目安に切っていきましょう。身の中には、ちょうど良い火加減で旨味がギュッと凝縮されています。はじめの段階ですべて切り分けてしまうと、その旨味や肉汁が流れ出てしまうのでNG。見た目もあまりよろしくないので、ひと口ごとに切り分けながらいただきましょうね。

最後のお楽しみデザート

いよいよ最後のお楽しみのデザートです。もしも何種類か出てきた場合は、溶けやすいもの(アイスクリームなど)や味の薄いものから手を付けるようにしましょう。徐々に味の濃いものを食べていくことで、最後まで繊細な味の変化を楽しむことができますよ。

Writer:SHOKO.S


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.