浅草散策でよく見かける「浴衣」や「着物」着尽くした方向け「戦国武将」の甲冑体験!
外国のお客様やお子様はもちろんの事、歴女の方、刀女子の皆さんへ甲冑体験レポお届けします。

装着時間がかかるのでご覚悟を!

洋服の上にちょっと履いたり被ったりするだけかな?
な~んて思っていたら大間違いです。私もそう思っていたうちの一人(笑)
意外と一つ一つインナー部分から徐々に被せて被せて鎧まで辿り着くのにかなりの時間を要します。
一人装着におおよそ30分といった所。
浴衣の様に10分以内で終わるという事がないため、友人同士やカップルで体験申し込んだ場合
お互いの装着時間中、30分間ほど待つのを覚悟です。逆に先に装着してもらった方は重い中
30分待たないといけない点を覚悟です(笑)
(もちろんスタッフの方が一人に一人付いてくれれば別です◎)

↑まるで・・・着ぐるみの中の人の控室の様な状態(笑)
鎧兜装着前。兜を被ると重いのでこの状態で相手の装着を見守ります。

刀は外に持ち出し禁止です!

もちろんなのですが、銃刀法違反になってしまうので
持っているとかっこ良さ増すアイテム「刀」を
外撮影にも持っていきたい所ですが
模造刀でも外に持ち歩く事が出来ないので、刀撮影は屋内でのみ可です◎

大好きな戦国武将がいたら狙いを定めよう!

自分の大好きな戦国武将の甲冑体験が出来ると思ったら・・・夢の様ですよね。
事前にどんな戦国武将の体験が出来るかをチェックして、
狙いを定めて撮りたいポーズを考えていくとより撮影も楽しめますよ♪
ちなみに・・・・
左「真田幸村」 右「黒田長政」です。
他には・・・
★伊達政宗
★片倉小次郎
★織田信長
★黒田清正
などが選べましたよ♪

通常感じぬ重さも徐々に慣れてきます◎

慣れってすごいです。最初はいかに普段、自分の洋服が軽くて楽かを思い知らされる程
本当に重くて重くて動くのもやっとでした。
それでも当時の武将たちに比べれば、全然軽装な方なので・・・
やはり大事な命を守るというのは、軽装じゃダメなので、もっともっと重い鎧や兜を付けて
闘ってたかと思うと・・・想像を絶します!
私達は歩くのがやっとで、頑張って走れても数秒でした(笑)
色々なストーリー仕立てで撮影もしてもらい、とても楽しい記念になりました!
徐々に重さにも慣れてくるので不思議です。

非日常を体験する事で、昔に思いを馳せる。

最初は軽く上から羽織るだけくらいに思っていたのが・・・・
実際には、インナーから始まり、小袖や裁付袴、足や銅や腕には鎧を。
更に兜と本当に本格的でした!武将によっても生地のデザインが全然異なるので
特にご指名の武将がいない方は、好きなデザインや色で選ぶのもアリですね。

まとめ

変身大好き!コスプレ大好き!な方にもオススメ!
甲冑体験する事でいかに、今の時代が移り変わったか・・・
安全が保障されている現代だからこそ、軽装で洋服で気軽に出掛けられる事。
当時の方は、いかにこの重量感を背負って戦っていたのか・・・サムライ魂、かっこ良いです!
(とは言っても戦いじゃない時は、小袖でしょうけどね(笑))
この重量感が命の重さと同じなんですよね、きっと。
そんな風に昔に思いを馳せながら・・・・とても貴重な体験でした。
観光土産にも◎ お子さまの成長記録にも◎ 
良かったら体験してみて下さいね☆

織田千穂♡
https://www.instagram.com/chihoda/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.