知人の家にお呼ばれした時やお店でオーダーした時など、紅茶を飲む機会って日常で結構ありますよね。とはいえ、その飲み方の正しいマナーって? と言われるとあまり自信をもって答えられないのが正直なところ・・・。
今回は、そんな知ってるようで意外と知らない、紅茶の飲み方マナーをおさらいしていきます。

カップの持ち手は右側?左側?

まずティーカップが運ばれてきた時。持ち手が左側に置かれていると思うので、飲む際にはカップをくるっと反時計回りに回し、右側に来るようにしましょう。

そして、しっかり覚えていてほしい大事なポイントがあります。それは、カップは両手で持たないこと! 実はカップを両手で持ってしまうのはマナー違反なんです。理由としては、紅茶は熱めで淹れるものなので、もし両手で持ってしまうと「あなたの淹れてくれた紅茶はカップを直に手で触れるくらいぬるいですね。」という意味になってしまうからだとか。

せっかく紅茶を淹れておもてなししてくれたホストには、正しいマナーで感謝を伝えたいですよね。
だから、カップは両手で持たない、持ち手はカップを反時計回りに回して右側に持ってくる。と覚えておいてください。

スプーンの定位置は?

さて、持ち手を右側に移動し、いよいよ一口目・・・っとそこでストップ。今、お皿にあるスプーンはどこに置かれていますか? 運ばれてきたまま手前にありますか? えっ、テーブルの上に直置きですって?!

紅茶を飲む際のスプーンの定位置は、お皿の上のカップの向こう側。
飲む際に邪魔にならないよう、音を立てずにそっと移動してくださいね。

いよいよ一口目

持ち手は反時計回りで右側に、カップは片手持ち、スプーンはお皿の上のカップの向こう側へ移動。
完璧な所作です! では大好きなミルクと砂糖をジャバジャバいれて・・・と、ここでもストップ。

せっかく、ホストが美味しく淹れてくれた紅茶です。一口目は感謝の意味もこめて、まずはその茶葉の豊かな香りとテイストをストレートで味わってみてください。また、紅茶をいただくときは顎を上げずにカップの角度で口に流し込む量を調整してください。

そうして茶葉本来の味を堪能させていただいた後、ミルクや砂糖で味の変化を楽しんでみてくださいね。もしミルクや砂糖などを多めに入れる際には、何回かに分けていれるとよいでしょう。混ぜる際にもカチャカチャと音が立たないように気を配り、スプーンで混ぜてできた水流に任せるときれいに混ざってくれますよ。

その他

ほかにも、ローテーブルや立食形式などでお腹よりも下にテーブルがある場合は、ソーサーを左手・カップを右手で持つ、レモンティーのレモンは飲む前に取り出す、アフタヌーンティーの場合はサンドイッチ→スコーン→スイーツの順に食べるのがよいなどの基本的なマナーがあります。

もしもこの記事をきっかけに興味を抱いたら、ぜひぜひ調べてみてくださいね。マナーの奥深い世界を垣間見ることができるかもしれません。

Writer:SHOKO.S


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.