幅広い年代に人気のあるヘアスタイルの一つであるミディアムレイヤー。今回はこんなヘアにしたかった!と同性から思われちゃうような同性ウケ抜群のミディアムヘアーをご紹介します。おしゃれの秋、ガラッとイメージチェンジして周りと差をつけちゃいましょう!

ミディアムレイヤーって?

幅広い年代に人気のミディアムレイヤー。そもそもミディアムレイヤーとは、長さを表す“ミディアム”と、カットの種類である“レイヤー”が合わさった言葉です。レイヤー=層という意味があり、自然に髪をおろした際に上の髪が短く下の髪が長くなるようにしたカットのこと。(逆に上を長くカットするとボブになります。)
つまりミディアムレイヤーとは、上が短く下が長く、髪に層ができるようにカット処理を施したミディアムレングスのヘアスタイル、という意味なんですね。

ミディアムレイヤーってこんなにイイ♡

ミディアムレイヤーがどういうものかわかったところで、ミディアムレイヤーって何がそんなにいいの?ってなりますよね。実は、ミディアムレイヤーにはこんなイイところがあるんです♡

レイヤーカットでつくる軽やかさが今時のエアリー感にハマる!

近年のファッショントレンドはエアリー。軽やかさ、抜け感がキーワードとなっていますよね。ミディアムレイヤーはその名の通り、髪をレイヤーカットをすることでヘアスタイルに動きを出してくれます。そして、この動きから生まれる軽やかさが絶妙なエアリー感をつくってくれるんです。
これまで軽さを出したければ毛量を減らす一択でしょ、と思っていたそこのアナタ(お恥ずかしながら剛毛で毛量多めの筆者も昔はそう思っていました・・・)。ミディアムレイヤーで軽やかさはつくれる時代になりました。

小顔見せ効果が期待できるかも?!

顔まわりの髪をレイヤーカットし、顔の輪郭を包むようなスタイルにすれば小顔効果も期待できちゃうかも?! ミディアムレイヤーは単純に毛量を減らすカットではないため、顔回りにレイヤーカットを施しミディアムレングスで包むようなヘアスタイルにすれば、錯覚効果で小顔見せも期待できます。
ミディアムという十分なレングスがあるので、丸顔なら縦ライン強調気味に、など一人ひとりの顔の形に合わせたレイヤーカットが可能。美容師さんと相談してみてくださいね。

少しのアレンジで雰囲気がガラッと変わる

少しのアレンジで雰囲気が変わるのもミディアムレイヤーの醍醐味です。女性らしさのある軽やかさが持ち味のミディアムレイヤーですが、例えば毛先を少し外に跳ねるようにスタイリングしてあげれば、ほんのりポップガールなイメージに。また、顔回りのレイヤーに心持ち内巻きのアレンジをしてあげれば、清楚感&小顔効果に期待大。
こんな風に、ミディアムレイヤーにはちょっとしたアレンジで雰囲気をガラッと変えられる可能性がたくさん秘められているんですね♡

ショートでもなく、ロングでもない・・・そもそもボブとどこが違うんだ・・・ロングの途中経過でしょ? ちょっと半端なイメージもあるミディアムですが、そんな曖昧さにレイヤーカットがプラスされることで無限のポテンシャルを秘めたヘアスタイルに♡ 

おすすめミディアムレイヤースタイル

では最後に、実際のミディアムレイヤースタイルの一例をご紹介しましょう。

シースルーバングと作るふんわり愛されヘア♡

あれ?芸能人でこの髪型してる人いなかったっけ・・・? と思うこともあるかもしれません。まずは、それくらい王道のミディアムレイヤーをご紹介しましょう。
レイヤーの得意技、軽やかさを最大限表現しているのがこのヘアスタイル。自然に肩につくところで跳ねた毛先に軽やかさと抜け感が宿ります。顔回りにもレイヤーを入れて、顔を包み込むことで小顔効果も狙っていますね。自然な柔らかさと浮遊感なのに、考え抜かれたカットバランスが凝縮された王道ミディアムレイヤーです。

ナチュラルなのに滲む色気はレイヤーとカラーが決め手

全体的にシンプルでナチュラルなカッティングなのにほんのり滲む色っぽさの秘密は、レイヤーとカラーにあり。レイヤーカットとワンカールが動きと抜け感を演出。ダスティピンクの髪色が透明感を出してくれています。レイヤーカットの動きとダスティピンクの透明感が相まって、儚げで色っぽいヘアスタイルの完成です。

いかがでしたか。実はかくいう筆者も現在はミディアムレイヤー。ミディアムでも重く見えない軽さと抜け感のあるレイヤースタイルは過ごしやすさも◎なんです。
Senken trend newsではこの記事以外にもたくさんのヘアスタイル記事がありますので、ぜひぜひご自身の興味惹かれるヘア情報を探してみてくださいね。皆さんにとってベストなヘアスタイルが見つかりますように♡

出典:@kimuraippei

Writer:SHOKO.S


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.