耳をかける仕草には女性ならではの色っぽさがありますよね。アクセサリーも映える、“かけたら出す”の法則でより魅力的な耳かけヘアを極めちゃいましょう!

耳かけヘアって?

耳かけヘアとは、その名のとおり髪を耳にかけるヘアアレンジのことです。顔回りの髪が耳にかけられてスッキリするため、顔や全体の雰囲気が明るく、清潔感のある印象に。とてもシンプルで簡単なヘアアレンジですが、どんな髪型でも簡単にできるので、ヘアアレンジ初心者さんにもおすすめなんですよ。
今回は、耳かけヘアのうち“かけたら出すの法則”についてご紹介します♡

かけたら出すの法則とは?

www.instagram.com

“かけたら出すの法則”とは、片側の耳に髪をかけたら、もう片側の髪は顔の前方向に出すヘアスタイルです。このようにすると右と左でアシンメトリーになり遠近感が生まれるため、小顔効果が狙えます。また、片耳だけが露出することで色っぽさも演出することができるんです。

アレンジ例

シースルーバング×耳かけで軽く柔らかな抜け感を

もともとは韓国の女優 ユン・ウネが火付け役で、韓国若者の間で大流行していたヘアースタイルであるシースルーバング。日本のおしゃれ女子たちの間でも流行していますね。ドラマ「アンナチュラル」で石原さとみさんがされていた髪型でもあります。
おでこが透けて見えるほどに薄く束感のある前髪が、絶妙なバランスで清楚さと色気を醸し出してくれるヘアスタイル。このシースルーバングに耳かけアレンジを合わせると、可愛さを残しながらも柔らかな抜け感が演出できます。

片寄せワンレングス×耳かけで海外セレブのように色っぽかっこよく

海外ハリウッドセレブが豊かな髪でスタイリングするワンレングスは、強さと色気を感じさせるヘアスタイルですね。なかでも片寄せワンレングスは、分け目を片側に寄せることとでヘアーがボリュームアップしてゴージャスに見えるスタイルです。おフェロな雰囲気で色気と大人っぽさがぐっとアップ。
この片寄せワンレングスに耳かけアレンジを合わせると、おフェロな色気に知性がプラスされ、色っぽかっこいいスタイルに。

ボブ×耳かけは色っぽ可愛さを王道演出

下部の髪より上部の髪が重くなるようにカットされたボブスタイル。最近はさまざまなボブスタイルが登場していて、そのバリエーションの豊さから広い年代の女性に好まれるヘアスタイルの1つですね。
少し前には重めの前髪のボブアレンジがはやりましたが、最近はシースルーバングで抜け感を出すのがトレンド。そこに“かけたら出す”の法則をプラスすれば、一気に垢抜け♡ナチュラルセクシーな印象に。はっきりと耳を出すことで大振りのピアスも映えるので、華奢な女っぽさも演出できちちゃうんです。

いかがでしたか。ヘアアレンジってなんだか難しそう・・・そんな方でも、これなら気軽にはじめられますね。大ぶりピアスや前髪・髪の長さとの組み合わせで印象がとってもかわるので、ぜひぜひ試してみてくださいね!

出典:@kimuraippei
https://www.instagram.com/kimuraippei/

Writer:SHOKO.S


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.