オールホワイトがトレンドとなってから数年経ちますが、最近ではホワイトアイテムをどう着こなすか?がトレンドになりつつあります。清潔感と高見えがまとめて叶えられる白の着こなし方について、今回はコーディネートのヒントを紹介します。

「一枚」で魅せる

Libra/ワンピース (ホワイト系)/5280円(税込)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS/その他シューズ (グレー系)/4950円(税込)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS/トートバッグ (その他)/6930円(税込)TODAYFULリング (ゴールド系)7920円(税込)

一枚で印象が決まるアイテムを選ぶとき。素材がカジュアルなら、小物など目に入る小さい面積が勝負のポイントです。白ワンピース以外を肌と同じベージュ色を持ってくるなど「ジャマをしない色」を選ぶか、もしくは「幾何学模様」など少し理性的なデザインを取り入れることで線を出します。そうすることにより、落ち着いた印象になりワンランク上の高見えが成功します。

「素材」で魅せる

who's who Chico/カットリブパンツ/¥5,390(税込)who's who Chico/シャツ・ブラウス (ホワイト系)/6490円(税込)who's who Chico/ショルダーバッグ (ホワイト系)/5390円(税込)who's who Chico/サンダル (ブラウン系)/7590円(税込)

流行りの切りっぱなし風リブ素材パンツは、素材が薄いものを選ぶのがこなれ感を出すポイント。コーディネートにアクセントを添えてくれるだけでなく、夏素材のアイテムとも相性が抜群です。また、トップスの選び方が重要で、カジュアルなリブ素材にうまく馴染みながらも、高級感を出しやすいコットンのトップスやシアー素材に見える軽やかながら光沢感があるアイテムなどを持ってくると、より高見えすできます。

「トーンon トーン」で魅せる

画像: 「トーンon トーン」で魅せる

Birthday room/シャツ・ブラウス (ベージュ系)/4950円(税込)Birthday room/パンツ (ベージュ系)/3850円(税込)SHIPS/バレエシューズ (ホワイト系)/4950円(税込)marjour/ショルダーバッグ (ブラック系)/3056円(税込)TODAYFUL/ブレスレット (シルバー系)/5500円(税込)
さまざまな色合いがあるホワイトですが、秋に差し掛かると真っ白よりもオイスターベージュのような少しグレーがかった白が季節感を出してくれます。トップスとボトムスに光沢感があるものを選ぶときは、このようにトーンをまとめると派手に見えません。アイテムの色も少しずつ濃い色を取り入れてこっくり系を指せば、さらに説得力のあるスタイルができ上がります。そして足元は、太陽がまだ高い日中は写真のように白でまとめると爽やかな装いに。グラディエーターサンダルやDr.Martin系のゴツさを入れたい方は、バッグなどの小物素材はPVC(ビニール素材)などの軽め系素材をセレクトすると統一感が生まれて遊び心も出せます。

構築的デザインで魅せる高見えで

ブランド/WHO'S WHO gallery/スタンドカラーボリュームブラウス/¥7,590(税込) WHO'S WHO gallery/ベルト (グレー系)/3190円(税込)WHO'S WHO gallery/スラックス (オレンジ系)/6490円(税込)WHO'S WHO gallery/サンダル (ホワイト系)/8690円(税込)WHO'S WHO gallery/ショルダーバッグ (ブラック系)/6490円(税込)

暑い屋外も涼しい室内でも万能で使えるのが、袖にゆとりのあるタイプ。デザイン性が高いものであれば「+α」の小物にもこだわりをプラスして。さらにボトムスの色で季節感を表現すれば、いつまでも使える鉄板の白アイテムにもなります。さまざまなシーンで使えるブラウスはコーディネートもしやすい万能選手。これからの季節なら、リブ素材のスカートを合わせるとまた違ったキレイ目スタイルに仕上がります。

生成りや真っ白などさまざま色合いを持つホワイトアイテム。色の彩度や素材、光沢度合、透け感、デザインを選択することで、カジュアルにもビジネスにも、さらにはドレッシーにも使える万能カラーです。また、合わせるアイテムの色でガラッと季節感を変えられますので、フレキシブルに着回しができるのも魅力のひとつ。みなさんもご自身がキレイに見える白をぜひ探してみてください。素敵な一枚が見つかりますように。

※すべての商品情報・画像はWEAR、ZOZO TOWN出典です。
※各商品は、セール品などを含む販売価格を元に選出しております。

Writer:ファッションジャーナリスト髙はし賀子


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.