猛暑が続いた8月!紫外線対策で日焼け止めを塗っても、年齢や肌質によってはシミやソバカスがすぐに出てしまうことがあります。そこで今回は、アーティストのビヨンセが美容で取り入れたことで話題の白玉点滴(ビヨンセ点滴)にチャレンジ!美白効果があるのか?副作用はあるのか?痛みはあるのか?人気の美容点滴についてリアルレポをお届けします♪

今回、白玉点滴を受けに行ったのは、新宿駅南口から甲州街道を少し歩いたところにある東京ベレッザクリニック。美白効果が期待できるといわれている白玉点滴の美容成分「グルタチオン」以外にも高濃度ビタミンCが 入るお得な美容点滴があるということで行ってみることに。

新しいクリニックだから、受付がキレイ(^^)大手美容クリニックに長年勤めていた経験豊富な方が院長だそうです。

待合のイスもばっちりソーシャルディスタンスでした。

廊下の雰囲気がこちら。個室が多い印象です。クリニック内は、とにかくクリーンでキレイ!!

白玉点滴を受けたのが、こちらのお部屋。広めの個室でゆったりできそう。ベッドで横になりながら点滴を受ける形ですので、しっかりプライベートが守れる感じです。

ベレッザクリニックの白玉点滴は、グルタチオンが400mgが入っています。普通の製薬会社による容量は、成人の場合1日1回100〜200mgだそうなので、倍以上の量が1回で摂取できます。体内の細胞で作られる成分だから、用量を超えても免疫反応などが出る可能性も低く、安全にできる美容点滴としても知られています。さらに高濃度ビタミンCも入っているので、トータルで考えるとお得な美容点滴です。

白玉点滴の効果は?

白玉点滴の効果は、まず美白!シミの原因であるメラニン生成をジャマする作用を持つグルタチオンは、継続すれば日焼けでできたシミやソバカス、色素沈着に効果が期待できるといわれています。白玉点滴の効果かどうかは分かりませんが、太陽の日差しに当たると出てくるソバカスが点滴を受けた日は出ませんでした。

美白以外にも、疲労回復や肌の老化防止、二日酔い対策、肝機能改善などに良いといわれています。さらに、湿疹や蕁麻疹といったアレルギー系も改善できる場合があるので、美白・美肌・健康を意識されている方におすすめ。歳を取ると体内で生成できるグルタチオンの量も減るので、実際にアラサー・アラフォー世代の女性からかなり人気だそうです。

白玉点滴のリスクは?

安全度が高いとされている白玉点滴ですが、もちろん100%リスクがないわけではありません。人によっては内出血が出たり、気分が悪くなることもありますし、血管痛が出ることもあります。とはいえ、個人的な感想になりますが、ベレッザクリニックの点滴はほとんど痛みがなく、ベッドで横になった状態で20分くらいなのでラクでした!最初に針を刺すときに軽くチクっとするくらいで、注射が苦手な人でもいけると思います。もし点滴を受けたとき異様に痛い場合は、点滴漏れの可能性もあるので、ムリにガマンせず、看護婦さんにお伝えするのがおすすめです。

グルタチオン×ビタミンCで相乗効果!

グルタチオンとビタミンCは、一緒に摂ると美白の相乗効果が期待できるといわれています。他のクリニックもそうでしたが、単品で受けるよりもセットの方が割安になるので、個人的にはミックスされている方がお得感があります!夏バテでお疲れ気味の方、美肌&美白もかねておすすめですよ〜!


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.