アイテムや状態によっては、洗濯するときや干すときに裏返したほうが好ましい洋服があることをご存じでしょうか。正しい洗濯方法を知っていれば、お気に入りの一着がぐんと長持ちします。どんな場合に裏返すと効果的なのか、そのポイントやメリットを紹介します。

「プリントT」は裏返して色落ち防止

【GOOD ROCK SPEED】プリントTシャツ 4,950円(税込)【SHIPS any】フレアマキシスカート 10,450円(税込)【CORSO ROMA,9】サンダル 11,000円(税込)【SHIPS any】メルカドバッグ 4,950円(税込)

今年注目のフォトTをはじめ、汗をかきやすい季節に毎日着るTシャツは、念入りに洗いたいですよね。そんなTシャツを洗うときのポイントは「裏返してから洗濯する」ことで、プリント部分が色落ちするのを防いでくれます。裏側についた皮脂汚れが落ちやすくなるので、臭い対策にも効果抜群です。

「厚手のデニム」の乾きをよくするのも裏返し

【select MOCA】ブラウス平均価格3,000円~5,000円【select MOCA】キャミソール平均価格1,500円~2,000円【select MOCA】デニムパンツ 6,050円

厚手のデニムは、洗濯時だけでなく干すときにも裏返しておきましょう。ポケット部分などの複雑な部分に風が通りやすくなり、生乾きになるのを防いでくれます。乾くまでの時間が早くなるので、忙しいときにおすすめです。もちろん色落ち対策にも◎。

「傷みやすい素材」はネットを使う

【JEANASIS】ハイネックシアープルオーバー 6,050円(税込) 【JEANASIS】ノースリーブサマーニット4,400円(税込) 【JEANASIS】サテンパンツ 6,600円(税込) 【JEANASIS】レザーショルダー 4,950円(税込)

ニットやセーターなどは摩擦に弱く、そのまま洗濯機にかけてしまうと毛羽立ちや毛玉の原因に。傷みやすい素材の服は裏返してから洗濯ネットに入れるようにしましょう。サテンやシフォンなどの柔らかい素材にもネット使用がおすすめ。表面をキズから守ってくれます。

洗濯の際にひと手間加えるだけで汚れはもちろん、臭いや色落ち対策ができます。さらに毎日の習慣にすれば洋服が傷みにくくなると一石二鳥以上の効果に!ただし表面にシミや汚れがある場合は、軽く汚れを落としてから裏返して洗うなど工夫が必要です。服の状態や素材などを見ながらベストなお洗濯方法を取り入れてくださいね。

※すべての商品情報・画像はWEAR出典です。※各商品はセール品などを含む販売価格を元に選出しております。

Writer:Anchan


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.