3月から公演を中止していた歌舞伎座が再開です!

以前と大きく異なる店がありましたので歌舞伎座の今をレポートします。

今までは昼の部と夜の部だったのが、異例の4部制。
一幕見席は廃止。
全部一幕見のような買い方になったわけです。
公演の間は消毒作業をして下さっているそう。

ラブリンこと片岡愛之助の連獅子を一等席で、
半沢直樹の猿之助の吉野山を三等席で!
なんていうフレキシブルな買い方ができるようになりました。

スタッフはフェイスシールド着用。
お客さんは検温、手のアルコール消毒、マスク着用。
自分で(!)チケットをもぎります。

上演前のお楽しみ♪売店は閉まっています。
お食事つきの桟敷席もなし。
東銀座駅直結木挽町広場の食事処は開いてます。

歌舞伎ならではの「いよっ!成駒屋!」などの大向うは禁止に!

音声ガイドもなし。

席は半分以下の販売。
↑隣が座れないようにバンドが

開演前に役者のご挨拶が入るのも初めて。
ぐっときました。

帰りも混雑を避けるため分散帰宅。

舞台の中でもソーシャルディスタンスを表現するシーンが出てきてニヤリとさせられました(笑)

歌舞伎に詳しくなくても皆さんご存知の
松たか子兄、市川幸四郎
中車こと香川照之
なども出ているので歌舞伎デビューの方も楽しいかと思います\(^o^)/

私は着付けや日舞をしているので、役者の着付けが面白くてしょうがない!

芸術の灯りを消さないことを願っています。

頑張れ!歌舞伎座!


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.