8月12日は三大流星群「ペルセウス座流星群」のピーク日!年に一度のステキな星空天体ショー、今年は東京でも拝める可能性が十分にありそうです♡

ペルセウス座流星群が見える時間帯は?

他の流星群に比べて流れ星の数が多いペルセウス座流星群は、流れ星が肉眼で見える確率がとても高いため、「流れ星を見たい!」という方は大チャンスの日。国立天文台のサイトをチェックしたところ「2020年は8月11〜13日の夜に見える」と記載されていましたが、一番のピークは「12日の22:00頃から明け方まで」だそうです。12日を逃した人は13日の夜も見える可能性があるんですね(^^)

ペルセウス座流星群を見る方向は?

流星群を見る方向は「こっち」という明確な方向がありません。ペルセウス座を中心にして360℃の放射線状に流れるので、できるだけ星空が視界いっぱいに入る場所(屋上など)がおすすめです。12日は少し月の光がジャマになるので、月が見えない方向を眺めている方がいいのかな?と個人的には感じます。

12日午前中の東京は青空が広がる快晴!このまま夜まで晴れが続けば、都心で流れ星が見られそうです。ちなみに11日の深夜に15分くらい夜空を眺めていただけでも2〜3つ流れ星が見えました。その内ひとつは大きめだったので、運が良ければ7月に話題となった火球のような特大流れ星が期待できそうです!

星を見ること(=遠くを見ること)は目にも良いので、スマホの見過ぎで目が疲れている…!という方にもおすすめですよ!

isUmi
https://www.instagram.com/izumi_tabism/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.