雑誌やSNSで見かけることが増えたカラーマスカラを使ったアイメイク。プチプラからデパコスまで、今や定番となりつつありますよね。おしゃれに使いたいけど、イマイチ使い方がわからない…。そんな方に向けて、アカ抜けて見せる、カラーマスカラを使ったおしゃれアイメイクをご紹介します。

ワントーンアイメイクでおしゃれ度UP

アイシャドウ、アイライナー、マスカラを同じ色のトーンで揃えるメイク。全く同じ色でなくても、イエローとオレンジでトーンを揃えればOKです。いきなりカラフルなのは…という方は、ブラウンからおすすめします。

ワントーンアイメイクのコツは、アイライナーを使用する際、睫毛の隙間まで密に引くことです。そうすることで目の奥行きが増し、色の統一感と共に目力もアップします。肌馴染みの良いオレンジとピンク、そしてモードな雰囲気を作れるブルーやカーキなどの寒色という風に、色を変えるだけでバリエーションを増やせるのもいいところです。

ラメ使いでキラキラな瞳に

ラメが入ったクリアマスカラも、目元を輝かせるメイクアイテム。普段通りにマスカラを仕上げ、その上から毛先中心に向かってラメマスカラを塗ります。すると、アイシャドウの煌めきと馴染み、より華やかな仕上がりに。下まつ毛にもつけると、光が反射して瞳がキラキラして目力UPの効果が期待できます。マスカラ下地やクリアマスカラを下地にしたその上に使用すると、ラメがまつ毛に絡みやすくなるのでお勧めです。

アイシャドウレスでピュアな雰囲気を演出

出典:ZOZOTOWN

繊細なまつ気の雰囲気で優しい目元を演出するならこちら。使うアイシャドウは、艶感があり限りなく肌に近いベージュといった「主張しない色味」を選び、まぶた全体につけましょう。アイライナーは使用しないか、睫毛の隙間にブラウンを引くとナチュラルに仕上がります。そして、お好きな色のカラーマスカラを、しっかりカールするように、そして「まつげ」を持ち上げるようにしてつけていきます。いつもアイシャドウをグラデーションにされている方も、思い切って引き算することで抜け感を演出できます。使用するカラーマスカラは、鮮やかな色合いのものがおすすめ。上下にセパレートするよう、隅々まで塗布することで、まぶたの艶感も一緒に強調されます。これが「ピュア」な雰囲気を作るポイントですので、ぜひ実践してください。

豊富な種類のカラーバリエーションが出ているカラーマスカラ。使いたい色味でアイメイクを変えてみたり、なりたい雰囲気によって色を選んだり、使えば使うほどアイデアが浮かんでくるはず。ファッションと合わせてメイクでもアカ抜けたい!という方は、ぜひトライしてみてくださいね。

Writer:里海舞


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.