いつも何気なくファッションアイテムとして取り入れているけど、意外と知らないネックレス・ペンダント・チョーカーの違い。みなさん、その違いを説明できますか?特徴が分かれば、おしゃれをもっと楽しめるはず。そこで今回は、3つの意味をお届けします。

デザインバリエーションが豊富な「ネックレス」

【mint jam】K10YG ダイヤモンド ネックレス 9,900円(税込)

ネックレスは英語でnecklaceと書き、 lace は「ひもで結ぶ」という意味を持ちます。つけたときに、しなやかなU字型を描くのも特徴のひとつで、モチーフの大きさが比較的小ぶりなものが多いことが、ペンダントとの大きな違いです。チェーンのみやモチーフ、ストーン付きなど、デザインのバリエーションが豊富です。

胸元のワンポイントにぴったりな「ペンダント」

【Comme ca Mature】ツイストトップ ペンダント 1,100円(税込)

pendantを日本語に訳すと、吊り下げるものという意味を示し、語源となるラテン語の「pendere(ぶら下げる、つりさげる)」からきています。前述したように、ネックレスとの違いはモチーフの大きさ。ペンダントはネックレスの一種ですが、飾りの大きさが特徴です。また、チェーンがネックレスに比べて長く、ペンダントトップの重さでV字になるものがペンダントに分類される傾向にあります。胸元のワンポイントに最適なアイテムと言えるでしょう。

ファッショニスタ注目の「チョーカー」

【Phoebe】スタイリッシュノットチョーカー 3,300円(税込)

チョーカーは首を締める、窒息させるという意味がある英語のchokeが語源です。ネックラインにピタリとフィットし、首に巻く短いネックレスのことを指します。ここ数年で知名度がぐっとアップし、今やおしゃれ女子のファッションアイテムとして欠かせない逸品です。

知っているようで知らない、ネックレス・ペンダント・チョーカーの意味。ファッションを楽しくする知識として、ぜひ覚えてはいかがでしょうか。

※すべての商品情報・画像はWEAR出典です。
※各商品はセール品などを含む販売価格を元に選出しております。

writer:ponkura


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.