新型コロナウイルスで着用が定番化しそうなマスク。友達と食事をしたりカレとのデートを楽しむとき、マスクを外すタイミングがありますよね。このコラムでは、マスクを外しても美人度をキープできるメイク崩れしないコツをご紹介します。

リップチークで血色感をつくる!

メイクの仕上がりや美しさを左右するのは、顔全体の血色感。色味によって、いきいきした表情に見せてくれます。そこで重要になるのがリップとチークの色味使い。カラーメイクはマスクを外すとマスクに色が移るので、リップペンシルや口紅とチークが併用できるリップチークアイテムを取り入れるのがおすすめです。

落ちにくいリップの作り方

本来リップペンシルはルージュの下地やプレアイテムとして使用するもの。そのため「そもそも」が取れにくいアイテムがほとんどです。お気に入りのリップペンシル色を見つけたら唇の輪郭をとり、唇を塗り潰してしまえばロングラスティングで摩擦にも強いリップメイクの完成!唇と肌の境目をファンデーションやコンシーラーでなぞり、唇の輪郭にメリハリをつけるのもおすすめです。唇の先端はマスクに当たりやすい部分ですが、輪郭は当たりにくいので唇部分が少し取れてしまっても、口周りの皮膚とのメリハリがついていることで不自然に見えません。

マスクに当たりやすいチークはどうする?

肌に密着しやすいリップチークアイテムは、指で頬にぽんぽんとのせて、その上からコーティングするようにフェイスパウダーをON。マスクが当たりやすい頬のメイク崩れを手軽に対策できます。

さらにフェイスパウダーでまつ毛ギリギリの目の際や、眉の生えている部分までしっかりブラシやパフで押さえてあげると◎。マスクで目周りの湿度が高くなると、マスクが当たらないはずの目元のメイクまで湿度でよれてしまうことがあります。そうならないためにも、パウダーでサラサラにしてから目元や眉のメイクを施すとメイクが崩れにくく、長持ちします!

今回ご紹介したものは、もちろんマスクを使用しない状況でもいつでも使える方法ばかり。
手持ちのもので明日から試せることは、ぜひトライしてみてください。

※全ての画像出典元はZOZO TOWNです。

writer:里海舞


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.