蒸し暑い夏日のマスク着用は、蒸れや息苦しさなど大変。でも、新型コロナウイルスが流行している今年はマストで必要となるアイテムですよね。さまざまなタイプの夏用マスクが各メーカーから登場する中で、どのマスクを選ぶべきか?このコラムでは、おすすめの夏マスクをシーン別でお届けします。

仕事や学校など常用で使えるマスクは?

外出自粛が落ち着いて仕事や学校が通常に戻ると、マスクを使う機会もグッと増えます。そんなときに使える夏マスク選びのポイントは、夏向けの素材であると同時に「フォーマルからカジュアルまで、どんな服装にも似合うシンプルなデザイン」「何度も洗濯(手洗い)ができる耐久性」を兼ね備えているものがおすすめ。

西川 洗えるクールマスク(4枚セット) Mサイズ1,991円(税別)、Lサイズ2,173円(税別)/ 西川

例えば、寝具メーカーで知られている西川がこの夏発表した夏用マスク「西川 洗えるクールマスク」は、涼しげなアイスブルーが印象的なシンプルデザインの立体マスク。顔のラインにほどよくフィットする付け心地と、冷んやり感じる接触冷感加工がマスク着用時の不快感を和らげてくれます。安心安全の日本製で、耳に掛ける部分は引っ張り検査3,000回をクリア。100回の洗濯に耐えられるので、仕事や学校など常時必要になるシーンで活躍してくれます。

デートなどオシャレしたいときのマスクは?

ショッピングや外デート、イベントなど、普段よりも見た目に気を遣うシーンなら、マスクもおしゃれなモノをセレクト。吸水性や接触冷感、手洗いなど夏マスクに必要な要素だけでなく、小顔効果が期待できるフォルムや華やかなデザインなど、気分が上がるマスクがおすすめです。

CELFORDオリジナルマスク 2,900円(税別)/マッシュスタイルラボ

エレガントな着こなしを提案する人気ブランドCELFORD(セルフォード)から登場したオリジナルマスクは、マスクの表面にレースをあしらった上品なデザインが特徴。ベーシックなオフホワイトに加え、柔らかな大人可愛さを演出するピンクベージュと凛とした気品のあるネイビーの3色から選べ、フェイスラインがスッキリ見せる小顔効果が期待できます。付属のマスクケースは、飲食などマスクを外すシーンでも大活躍。マスク、ケースともに手洗いOK、洗っても型崩れしにくく、さらには接触霊感の機能がついた優れものです。夏用のおしゃれマスクがほしい方に最適です。

外作業や近所のお買い物に便利なマスクは?

気温が高い日に通常のマスクを着用して買い物やドライブ、ガーデニングのような外作業をするのは、息苦しさを感じやすくなります。そこで注目を集めているのが、呼吸がしやすい素材やデザインでありながら機能性を追求した夏マスク。涼しく紫外線から守ってくれるものがおすすめです。

226 かおをつつむ フェイスマスク2,700円(税別)/サイフク

日本一のニットの産地、新潟県・五泉市で日本製のニットブランド「226(つつむ)」が発信する夏用フェイスマスクが登場。目の下から鎖骨までガードしてくれる麻素材のマスクがやさしく顔をつつみ、呼吸をラクにしてくれます。独特な筒状のデザインは、飲食時には耳から外せばネックウォーマーのような雰囲気に。体を動かすシーンでも口元に張り付かず、快適な着け心地を叶えてくれます。ストレッチ性があるので、ヘアバンドとしても使える2WAYタイプ。

時と場所によってファッションを変えるように、マスクもTPOに合わせて使い分け。顔まわりに使うアイテムだからこそ、シチュエーションに最適な肌触りや使用感にこだわってみてくださいね。

writer:izumi


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.