最近カジュアルコーデがしっくりこなくなったな……とお悩みではありませんか?
大人になるとラフすぎるファッションは子どもっぽすぎて、チグハグな印象を与えます。
今回は、大人のカジュアルコーデのお手本をピックアップ。
今日からさっそく真似してみましょう。

程よいマニッシュさでキマるセットアップ

画像1: 出典:WEAR

出典:WEAR

手っ取り早くコーデのブラッシュアップが叶うセットアップ。
着るだけでカジュアルコーデの偏差値がグッと上がります。
fifthのセットアップは、ジャケット×パンツの正統派。
こなれ感のあるゆるいシルエットが、きっちりしすぎず程よいマニッシュさを演出します。
スニーカーやトップスでカジュアルダウンすると、単調なコーデにおさまらず簡単に大人カジュアコーデが完成。
単品でも着られるので、コーデのバリエーションが広げられるところも◎。
デイリーにデートに、コーデ次第であらゆるシーンに対応できる優秀アイテムです。

リラックス系ワンピは小物で遊び心を

画像2: 出典:WEAR

出典:WEAR

リラックスシーンにピッタリなのが、ユニクロのマーセライズコットンロングTワンピース。
ゆったりと着られるシルエットで、着心地も楽ちん。
ワンピ1枚でもOKですが、今年っぽく着こなすならレイヤードスタイルに挑戦を。
ほどよいゆるさのボトムスを仕込めばノッペリとした印象が回避でき、他人と差がつくカジュアルコーデに。
さり気ないおしゃれ感が漂っていますね。
コーデにアクセントを与えるのが、パイソン柄のバッグやトングサンダルなどのトレンド小物たち。
シンプルコーデに奥行きが生まれます。
モノトーンカラーのワンピースをピリッと引き締めるトレンド小物は、ぜひゲットしておきましょう。

ガーリーなレースブラウスはカジュアルダウンで嫌味なく

画像3: 出典:WEAR

出典:WEAR

着映えするレースブラウスは、一枚でも主役になれる華やぎアイテム。
トップスの主役感を引き立たせるため、ボトムはシンプルなジーンズを合わせて。
ほどよくカジュアルダウンができ、甘め×カジュアルな嫌味のないスタイルにまとまります。
ベタな組み合わせを新鮮に見せるには、ボトムのシルエットにこだわって。
ちょい太シルエットのジーンズを選べば、脱無難が叶います。
巾着バッグとフラットシューズを合わせれば、肩の力が抜けたリラックススタイルに。
ガーリーになりがちなレースブラウスですが、糖度は控えめ。
カジュアル要素のおかげで、好感度の高いコーデに仕上がっています。

大人になったら、カジュアルコーデのブラッシュアップが必要です。
カジュアルなのに、どこかフェミニンさがあるのが大人流。
アップデートしたカジュアルスタイルで、格上げしたおしゃれを楽しみましょう。


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.