「Corofield」の「プロテイン アーモンド」と「ファイバー オーツ」

皆さんこんにちは、バンコク在住のSatです。

リアルタイムでクールなタイをご紹介しているオフィシャルインスタはこちらから
@thewall.bkk_

Instagram

www.instagram.com

タイ料理といえば「甘い」、「辛い」、「しょっぱい」というイメージがあると思います。

はい、正解!「甘くor 辛くないと美味しくない」というくらい、タイ人は濃い味付けを好む傾向にあります。

しかし、ここ最近は健康に気をつけるヘルスコンシャスな若者が増えてきています。昨今のコロナ禍で「Stay home」を余儀なくされた人たちが、外食から自炊生活にシフトするようになり、健康的な食事をするきっかけとなったのも大きいと思います。

植物由来のミルク「Mylk」

最近、朝食のお供に植物性のミルク「Mylk」を飲んでいます。

「Mylk」は牛乳よりカロリーが低くてアレルギー性も低い飲み物として、ヘルシー志向のタイの若者の間で人気の健康ドリンクです。

「Corofield」の「プロテイン アーモンド」

「Corofield」のMylk

私が愛飲している「Corofield」のMylk「プロテイン アーモンド」は、1瓶につき27gものタンパク質やオメガ6を含んでいます。一般的なアーモンドミルクより成分の含有量が高いので、栄養が偏りがちなダイエット中にも効果的ですよ。シュガーフリーなので、お好みによってハチミツやメープルシロップを混ぜてもいいかもしれません。

「Corofield」の「ファイバー オーツ」

ちょっと気分を変えたい時は、ほのかにバニラの香りがする「ファイバー オーツ」を。食物繊維を多く含んでいるので、腸の働きをよくします。大豆不使用のため、豆乳の独特な匂いが苦手な人でも大丈夫。

私はそのまま飲んだり、シリアルやミューズリーにかけて食べたり、コーヒーに入れたりして楽しんでいます。朝から飲むと、1日の元気がみなぎる気がします!

日本でも自宅謹慎生活が長引いて、うっかり太ってしまった…という人も多いのではないでしょうか?夏も間近ですし、一度食生活を見直してみるのもいいかもしれません。

Price: 共に1本80THB (2020年7月10日現在:1バーツ=約3.4円)
IG: @corofield


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.