手作りのキティ柄シュシュとマスクを職場で楽しむバンコクバガール

皆さんこんにちは、バンコク在住のSatです。

リアルタイムでクールなタイをご紹介しているオフィシャルインスタはこちらから
@thewall.bkk_

ここバンコクでは、コロナの影響でどのお店もマスクをしないと入店できません。暑くてもマスクをして外出することが「New Normal (新たな常識)」となりつつあります。

タイでは、政府からDIYマスクの作り方がシェアされるほど「布製マスク」が主流となっていますが、いろんな素材や柄を選べるので、オシャレを楽しみたいバンコクガールにとってはファッションの一部として認識されているようです。

思いっきり派手に!柄物のシュシュとマスクのリンクコーデ

シュシュの他に、ヘアバンドを楽しむ人も

今バンコクガールの間で、頭と同じくらいの大きさのビッグシュシュをつけるのが流行っていますが、同じ柄のシュシュとマスクをつけるのが新たなトレンドとして注目されています。

日本で見かけたらすごく目立ちそうですが、カラフルでラブリーな「KAWAII」ファッションを好むバンコクガールがつけると、賑やかなバンコクの街に馴染んで不思議とオシャレに見えます。

夏が来ると明るい色モノを着たくなりますよね。ぜひ日本の皆さんも、今夏はシュシュとマスクのファッションにトライしてみてください。


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.