じめじめと湿気が多い梅雨シーズンのお悩みといえば、髪のクセやうねり。雨の日に髪が広がるとファッションもキマらないですよね。梅雨入り前から対策をしておきたい方におすすめのヘアオイルをsenken trend news編集部がお届けします。

なぜ雨の日は髪がうねったり広がるの?

湿気が多い雨の日に髪のうねりや広がりが起こるのは、髪の水分バランスが原因。遺伝や年齢、生活環境など個人差はあるものの、日本人の多くはクセのある髪質を持っているといわれています。とくにヘアカラーやパーマ、アイロンで髪が傷んでいる場合は、より強いクセが出てしまうことも。ドライヤーで髪を乾かさない、濡れたまま放置、ヘアケアをしない…といったことが雨の日のうねりやクセをさらに強めてしまう可能性もあります。そんなときに使ってほしいのがヘアオイル。ミスト系など水分が多いスタイリング剤は雨の日と相性が良くないとされています。ツヤ感が出る、ボリュームが落ち着く、毛先がまとまりやすくなるヘアオイルより、自分の髪質に合ったものをセレクトしてくださいね。

10種の天然オイルでうねり髪ケア

Hz ストレートリペア ヘアオイル 4,000円(税別)/ 関西テレビハッズ

手に取った瞬間、フローラルハーブがふわっと香る「Hz(ハーズ)」のストレートリペア ヘアオイルは、思うようにまとまらない髪のお悩みに向き合ったヘアオイル。ロングヘアは1〜2プッシュ、ミディアム〜ショートなら1プッシュを目安に量を取り、髪の中間から毛先、根元に向かってオイルをなじませると10種類の保湿成分が髪のクセやうねりをケアしながらしっとりツヤのある髪へと導きます。お風呂上がりの濡れた髪はもちろん、忙しい朝のケアにもおすすめ。ダメージヘアをしっかり補修しながら雨に負けない髪質を目指します。

エコにこだわる自然派オーガニックオイル

SBCP生ミネラルオイル+ 3,900円(税別)

「STEP BONE CUT(小顔補正立体カット)」を手掛けるヘアメイクアップ・アーティストSAYURIがプロデュースする人気ヘアケアブランドSBCPの生ミネラルオイル+は、界面活性剤・化学防腐剤・着色料すべて不使用の無添加を追求した低刺激処方のオーガニックプロダクト。パサつきやすい髪に使えば乾燥を抑え、サラサラの手触りへと整えてくれます。髪の状態に合わせて同シリーズの生ミネラルゲル+と組み合わせれば、さらに動きのある髪質に。男性にも女性にも受け入れられやすいジェンダーレスなボトルデザインにも注目です。

細髪にもおすすめ!ウチワサボテン種子オイル

カシーポNオイル さらっと 3,000円(税別)/JE JAPAN

モロッコ発、希少価値の高い天然美容成分「ウチワサボテン種子オイル」を取り入れている「CASEEPO(カシーポ)」のヘアオイルは、髪はもちろんボディや顔にも使える万能タイプ。サラッとしたテクスチャーだから下手に重くならず、自然なツヤ感としなやかさを髪に与えてくれます。雨の日にペタンコになりがちなコシのない髪や細い髪とも相性がよいのもポイント。スッキリとしたティーツリーの香りが心地良さを感じさせてくれます。男女問わず使えるシンプルな透明ボトルのデザインにも注目。

雨の日のうねり・クセ対策におすすめのヘアオイル。お気に入りの一品を探してみてくださいね。

writer:izumi


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.