新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、注目されているのが除菌アイテムたち。家の中の小物やインテリア、マスクを除菌してくれる便利アイテムより、senken trend news編集部のおすすめをお届けします!

紫外線パワーで除菌乾燥するマスクケース

本来であれば使ったら「捨てる」が基本の使い捨てマスクさえも、使いまわしにする人が多い今。細菌の増殖や付着が気になる…という方に注目されているのが、マスクの除菌と乾燥がまとめてできるMEDIKの除菌マスクケース。バッグの中にもすっぽり収まる手のひらサイズのケースは、使い方もシンプルで簡単。フタを開けてマスクをセットしたら10分間ほどUV-C LEDの紫外線を当てて除菌を行います。

ULTRAWAVE(MDK-M01)7,200円(税別)/ MEDIK

マスクの湿り気が気になるなら、乾燥モードに切り替えて乾かすこともOK。フタを取り外したままでも使用できるので、マスクだけでなく、ハンカチやスマホ、イヤホン、タンブラーなど身近な小物やマスクを気軽に除菌できます。充電方法もUSB接続だから、パソコンやタブレットをオフィスワーカーにもおすすめです。

除菌から消臭、クリーナーまで多機能マルチクリーナー

1つで何役もこなすハニーロアのオールクリーンは、さまざまな用途で活躍してくれるマルチクリーナー。電解水と安定型次亜塩素酸を配合した人と環境にやさしい成分は、ウイルス対策から消臭剤、お部屋をキレイにするクリーナーと幅広く活躍してくれるアイテムです。マスクや手の除菌はもちろん、キッチンツールやソファ、カーペット、玄関、ゴミ箱などにシュッと吹きかけるだけで家の中をクリーンにしてくれます。

ハニーロア オールクリーン 1,800円(税別)/BCL

ハニーロアのロゴマークがさり気なくあしらわれたホワイトカラーのボトルスプレーは、キッチンやお部屋にそのまま置いてもおしゃれな見た目。アルコールや界面活性剤といった成分が入っていないので、赤ちゃんが使うアイテムにも安心して使用が可能です。

心地よい天然アロマでお部屋空間をやさしく除菌

心やすらぐアロマ空間を提供するアットアロマのクリーンエアーは、天然アロマのもつ機能性に着目した香りのシリーズ。全4種類ある中でもCREAN MINT(クリーンミント)は、抗菌・抗ウイルス作用の成分を多く含むユーカリ(ユーカリグロブルス)を中心に、ローズマリー、ティートリー、スペアミントブレンドしており、空間のこもりがちな空気をスーッとクリアに整え、心も一緒にリフレッシュさせてくれます。

エアミスト C02 クリーンミント(200ml)2,750円(税別)/@aroma

実際に、クリーンミントの香りで抗菌・抗ウイルスに作用についてテストを行ったところ、抗菌試験ではスタートから89分後、抗ウイルス試験では118分後に99.9%以上の浮遊菌・ウイルスが除去されたことが分かったのだとか。この香りの大容量ミスト200mlが4月に発売となり、気分転換はもちろん、お家の中でも、外出先でも、シュッとするだけでお部屋の中を除菌してキレイなお部屋空間に。マスクにひと吹きすれば、マスクをしたときの息苦しさを和らげてくれます。キレイなお部屋空間に。

日本版ヤードムで快適なマスク環境に

鼻のつまりをすっきり、タイのプチギフトとして知られているヤードムの日本版・ノーズミントは、マスクの抗菌や消臭が期待できると注目のアイテム。マスクを付けたときに感じる息苦しさや匂いからリフレッシュできます。

ノーズミント 380円(税別)/素数

ノーズミントの大きさは、市販のリップスティックとほぼ同じくらい。メイクポーチやポケットにスポッと収まる便利なコンパクトサイズだから外出が必要な時にもおすすめです。ペパーミント、ユーカリ、ラベンダーなどアロマオイルがブレンドされているので、マスクにトントンと押し当てるように軽くつけるだけで抗菌作用が18時間ほど継続するのだとか。仕事で集中したいとき、眠気覚ましにもおすすめです。

手指の清潔をキープするアルコール成分配合ハンディミスト

外出中の手指を清潔に保ちながら、うるおいを与えたい方に。2020年6月29日(月)に桃谷順天館RF28より発売を予定しているRF28 リフレッシュ ハンディミストは、携帯に便利なスプレー式のハンド用化粧水。

RF28リフレッシュ ハンディミスト(48mL)1,600円(税別)/桃谷順天館RF28

アルコール成分が50%含まれているほか、ゼラニウム、オレンジ、スペアミント、レモングラス、白樺樹皮、ティーツリーなど爽やかな植物エッセンスが配合されているので「ハンドケア感覚」で手指を清潔に保ちます。透明のミニボトルで見た目もシンプル。おしゃれに敏感な女性にピッタリのアイテムです。

writer:izumi

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.