飽きのこないシンプルデザインと機能性が人気の無印良品。ベーシックアイテムに欠かせないナチュラル感と統一感があり、さりげないセンスとコスパの高さが定評です。スタンダードだからこそ、トレンドに合わせた着こなしに使える“無印カットソーコーデ”を紹介します。

ボーダーに流行の透けアイテムをプラス

【無印良品】カットソー平均価格1,500〜3,000円
【w closet】モヘア混シアープルオーバー2,475円(税込)
【Kastane】パンツ平均価格5,500~6,500円
【CONVERSE】スニーカー平均価格5,000~8,000円

今年は透け感のあるアイテムが大ブーム。無印の定番ボーダーに透けニットを合わせると、軽快でニュアンスのあるトップスのできあがり。黄色い花や若草を思わせる、春から初夏にピッタリなイエロー系のとろみパンツで季節感も演出した着こなしになります。

白カットソーは着まわしが無限大!

【無印良品】カットソー平均価格1,500〜3,000円
【INGNI】ワンショルニットブラウスセット/A 6,490円(税込)
【ユニクロ】ワイドフィットカーブジャージーパンツ790円(税抜)
【outletshoes select】バレエシューズ平均価格2,000~3,000円

キレイを実現するために計算され尽くした無印の白カットソー。流行のニュアンスカラーを取り入れた変形デザインのベストによくマッチしています。シンプルだから着まわしがきき、シンプルだけど手抜きに見えない。季節を問わず、さまざまなテイストに応用できるベストアイテムの一つです。

ハイネックINで上級レイヤード

【無印良品】カットソー平均価格1,500〜3,000円
【URBAN RESEARCH Sonny Label】ワンピース平均価格9,000~10,000円
【:6(ROKU) BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS】NEW SATIN PANTS 14,300円(税込)
【CONVERSE】CANVAS ALL STAR OX 6,380円(税込)

ワンピースやシャツなどの着まわしには、ボトムスや足元だけでなくハイネックのカットソーを合わせると表情に変化が。主役アイテムではないものの、上級レイヤードの役割を果たしてくれます。もちろん1枚で着てもOK。色違いや素材違いで何枚か持っていると重宝するアイテムです。

着る人を選ばず、着こなしの幅が広がる無印良品のカットソー。長く愛用できるよう、素材やデザインなどの改良を重ね続けているそう。シンプルに見えて、袖の長さ、ネックデザイン、伸縮性などさまざま。夫婦や子どもとリンクできるのも無印の大きなポイントです。

※すべての商品情報・画像はWEAR出典です。
※各商品はセール品などを含む販売価格を元に選出しております。

Writer:佐倉弥生


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.