価値観や働き方が多様化する社会で、衣服を使った企業ブランディングが可能に

人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変えるシタテルは、手軽にユニフォームのカスタムオーダーを行えるウェブサービス「sitateru CSTM(カスタム)」を本格的に提供開始しました。企業やコミュニティが衣服の生地、ボタン、刺繍、ステッチの色など、1アイテム当たり約2,000種類の組み合わせの中から自由にカスタマイズした、オリジナルユニフォームを製作することが可能になります。またカスタマイズもウェブ上で可能。着せかえシミュレーションが感覚的な操作で行え、完成したコーディネートはURLで簡単に共有できるようになっています。

画像1: ユニフォームのカスタムオーダーサービス「sitateru CSTM(カスタム)」で、第一線のデザイナーによるユニフォームをウェブ上で簡単コーディネート

昨今、製品やサービスそのものの価値よりも、それらがもつ世界観に重きを置くことで消費者の共感を得て、売上に結びつける手法が注目を集めています。そのような中、企業やコミュニティのブランド力向上やエンゲージメント向上のための一つの手段として、オリジナルウエアやデザイン性の高い衣服の需要が高まっています。しかしこれまで、ユニフォームやノベルティグッズの製作は、カタログから選んでロゴをプリントするなど、自由度が制限された中で行うか、時間と費用と手間をかけてフルオーダーサービスで行うかの二者択一でした。

そこでシタテルは、全国約900拠点の縫製・加工工場のネットワークを活かし、幅広いアイテムを組み合わせたオリジナリティの高い製品を、フルオーダーサービスと比較してリーズナブルに、そして短納期で製作できるサービス「sitateru CSTM」を立ち上げることにしました。シタテルは、従来サービスを提供していたアパレル事業者に加えて、企業やコミュニティといった非アパレル事業者も自由度の高い衣服を製作できる世界を目指します。

サービス概要
「sitateru CSTM」は、あらゆる企業やコミュニティ、店舗、団体が、ユニフォームをウェブ上でカスタマイズできる、衣服のウェブカスタマイゼーションサービスです。衣服のベースとなる型や品質は、シタテルが大手アパレルメーカーやセレクトショップ向けに提供してきたプロ仕様のもの。また、衣服をゼロから作り込むのではなくカスタマイズすることによって、フルオーダーと比較して、リーズナブル・短納期で製品を提供することが可能となりました。ウェブサービスのため、ユーザーの業務負荷を最小限に抑えながらオリジナル製品が作れることも特徴です。

<コーディネートシミュレーション画面>
2019年12月にsitateru CSTM(β版)がリリースしましたが、新たに以下3つの機能が実装され、合計108種類のアイテムが掲載されています。

画像3: ユニフォームのカスタムオーダーサービス「sitateru CSTM(カスタム)」で、第一線のデザイナーによるユニフォームをウェブ上で簡単コーディネート

▼コーディネートのシミュレーション機能
ウェブ画面上で、コーディネートイメージをシミュレーションできる機能です。アイテムや色などを自由に変更しながら、様々な組み合わせを試すことができます。
▼社内シェア機能
コーディネートシミュレーションで制作したイメージ画像を、手軽に社内に共有する機能です。イメージ画像のURLを共有できるようにしたことで、シミュレーションしたスタイリングに対して社内でコメントをもらうことや、承認プロセスに回す手間を省くことができます。
▼業種やテイストによる、スタイリング絞り込み機能
業種(飲食店であれば、カフェ、BAR、和菓子屋など、ホテル・旅館であれば、ビジネスホテル、リゾートホテル、温浴施設など)やテイスト(シック、フォーマル、ラグジュアリーなど)を選択することによって、お勧めのアイテムが表示される機能です。アパレルやユニフォームの専門知識が無い方でも、効率的に理想のユニフォームに辿り着くことをサポートします。

<スタイリング絞り込み機能>
※業種やテイストを選択すると、その内容に合致したアイテムが表示されます。

This article is a sponsored article by
''.