ファッションの分野でここ数年人気が高まっている「パーソナルスタイリング」、ジムやフィットネスで広まりつつある「パーソナルトレーニング」など、個人を対象としたサービスや需要が増えている昨今。美容でもいよいよパーソナルなコスメ「遺伝子検査で選ぶ美容液」が注目を浴び始めています。

どのようにして自分の遺伝子からコスメができるのか、今回はヒト幹細胞美容液Renacell(レナセル)の「レナセル遺伝子検査キット」から実際にセミオーダーしてみました。

画像: 遺伝子検査で選ぶ美容液

遺伝子コスメとは?

遺伝子コスメ(=パーソナル美容液)とは、自分の遺伝子を検査することで女性に起こりやすい3つの肌トラブル「しみ」「しわ」「乾燥」に関する遺伝子の傾向を分析し、どの肌リスクが肌に起こりやすいかを調べた上で、最適な美容液をお届けするというもの。自分の肌を遺伝子レベルで調べるため、どの悩みを優先的に考えるべきか判断ができる上、最適な美容液でお悩みの改善を目指せるのです。

どうやって遺伝子を採取する?

画像1: どうやって遺伝子を採取する?

レナセル遺伝子検査キットを注文すると、まず以下のものが送られてきます。

■検査申込同意書
■遺伝子検査容器(1本)
■返送用封筒
■申し込み規約
■説明書

画像2: どうやって遺伝子を採取する?

同意書に記入をしたら、さっそく細胞を採取。口の中をよくすすいだら検査容器のキャップを開けて綿棒を取り出し、頰の内側に強く押し当て細胞を採取します。綿棒をコロコロこするだけだから、もちろん痛みはゼロ。反対頰も同じように採取したら容器に戻し、キャップを閉めて完了です。あとは記入した同意書と検査容器を返送用封筒に入れてポスト投函をすれば、3〜4週間で自分の遺伝子傾向に合わせた最適な美容液が届くという仕組みです。

遺伝子コスメの使い方は?

画像1: 遺伝子コスメの使い方は?

遺伝子検査の結果が送られてきたら、いよいよ肌診断をチェック。上記のような分析シートに、肌リスクの高さ評価と肌トラブルランキングが細かく解説されています。

画像2: 遺伝子コスメの使い方は?

そしてこちらが送られてきた美容液。ヒト幹細胞エキスの力で肌細胞が効率良く活性化され、肌の土台を整えた上で遺伝的肌トラブルに合わせた成分が角質層まで浸透していきます。

画像3: 遺伝子コスメの使い方は?

使い方も毎日のスキンケアにワンステップ追加するだけ。手持ちの化粧水で肌のキメを整えてから遺伝子コスメを3〜4プッシュ肌にやさしくなじませていきます。美容液を手に取って温め、顔全体になじませていくのがコツ。最後は美容成分が外に逃げないよう、乳液やオイル、クリームで仕上げます。

現在の肌状態や肌の代謝によって効果に個人差はありますが、目安として4ヶ月間集中ケアを行うと、肌の変化に気付きます。今後ますます注目される遺伝子から選ぶスキンケアコスメ。ぜひチェックしてみください。

writer:izumi


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.