via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
画像: ピラティスで花粉対策

いよいよ花粉の季節が到来。今年は例年より花粉の量が少ないといわれるものの、花粉が飛来する期間が長い可能性があるそうです。目のかゆみや鼻水、くしゃみといった花粉症の症状が続けば、毎日のメイクやファッションにも影響を与えてしまうもの。今回は、国内最大級のヨガ・ピラティス専門スタジオ「zen place」が花粉に負けない身体作りをコンセプトにスタートした「花粉撃退クラス」を紹介します。

花粉症の原因は免疫力の低下

画像: 花粉症の原因は免疫力の低下

遺伝など、さまざまな原因がある花粉症ですが、ひとつの理由として自律神経の乱れによる免疫力の低下があります。睡眠不足や運動不足、偏った食生活といった生活習慣の乱れはもちろん、激しい運動や日常のストレス…例えば女性で悩みが多い慢性ストレス「冷え」からも免疫機能の低下につながるのだとか。身体の免疫機能のバランスが崩れることで花粉に対する免疫機能が過剰に反応し、花粉症の症状が出るというわけです。

ピラティスで免疫力アップ

画像1: ピラティスで免疫力アップ

zen placeが提案する「花粉撃退クラス」は、背骨や骨盤に焦点を当てたピラティスの動きから自律神経を整え免疫力をアップさせて花粉症の症状を和らげていくというもの。花粉症に悩む多くの人は首や肩、胸まわりの動きが固く、反り腰や肩コリ、頭痛持ちといった傾向があることから、首・肩・胸まわりと身体の軸である背骨をゆるめる動きから背骨周辺の神経を通じて脳全体に刺激を与えます。これが自律神経のバランスを調整し、花粉症の原因とされる抗原抗体反応を正常化し、花粉症の症状を和らげる効果につながります。

画像2: ピラティスで免疫力アップ

さらにポーズで静止するヨガとは違い、ゆっくりと胸式呼吸で動き続けるピラティスは、自分で身体をコントロールする動くマインドフルネス。普段動かさない背骨を一本ずつ確実に動かしながら鼻呼吸で自律神経にアプローチをするため、姿勢やボディラインの改善や身体機能の回復にもおすすめです。

https://www.zenplace.co.jp/class/kafun.html#studios

writer:izumi

This article is a sponsored article by
''.