ファッション好きの週末旅に
台湾の宿はいかが

画像: ファッション好きの週末旅に 台湾の宿はいかが

最近、ファッションニュースの取材をしていると、ブランドのスタッフさんやスタイリストなどのおしゃれ女子たちが、「台湾行ってきました」というお話をよく聞きます。忙しいファッション関係の女性たちにとって、週末に気軽に行ける台湾は、女子旅のマストなスポットになっている模様。人気のスウィーツや台湾茶にはまる人も編集部の周りにはいっぱい。
そこで台湾女子旅におススメなホテルがオープンしたので、senken trend news editorが現地からご紹介します!(Izumi Ogawa)

台湾の温泉地で和を羽織る

台北観光が特集されがちとなる台湾だけど、最近の注目は台北から約1時間で行ける台中。今回は、台中郊外にある温泉リゾート・谷關(グーグァン)で、この夏に開業した「星のやグーグァン」の魅力をお届け。

星野リゾート、2度目の海外進出

「現代を休む日」をコンセプトに、日本発の滞在型リゾートとして星野リゾートが展開している「星のや」。非日常と日本ならではの丁寧なおもてなしスタイルから、高い評価を得ていることで知られていて、2017年にはインドネシア・バリに初の海外進出も。そんな「星のや」が満を持して台湾にオープンしたのが「星のやグーグァン」。

高鉄台中駅から車(タクシー)で約90分、バスで90〜120分、3000m級の山々に囲まれた谷あいの温泉街を見下ろす場所に位置する「星のやグーグァン」は、まさに知る人ぞ知るラグジュアリー温泉リゾート。自然と温泉を肌で感じる開放的なホテルライフを提案する体感型ホテルだ。

全ての客室に掛け流し温泉風呂

画像1: 台湾の温泉地で和を羽織る

星のやグーグァン最大の特徴は、温泉好きを魅了するゲストルーム。すべての客室に半露天風呂を配置していて、源泉掛け流しを実現させたプライベート感たっぷりの温泉フロアは圧巻の一言。心地よい風と光が差し込む大窓からは、山々やウォーターガーデンの景色が臨める貸切温泉が体感できる。

画像2: 台湾の温泉地で和を羽織る

館内着はゆったりとした穏やかな空間と調和する「和」を意識したデザイン。日本の着物からインスパイアされたシルエットにフォーカスし、温泉地での滞在をさらに心地良くさせる着心地が重視されている。

画像3: 台湾の温泉地で和を羽織る

ホテル敷地内にあるウォーターガーデンの先には、水音が響く癒しの温泉露天風呂。水着ではなく「裸」で入る日本の温泉スタイルを取り入れ、旅の疲れをほぐしてくれる。

画像4: 台湾の温泉地で和を羽織る

湯上がり処では、温泉の達人が温泉の入り方やストレッチをレクチャー。入浴前と後におすすめのお茶を説明してくれる。

日台が融合した料理の数々

画像5: 台湾の温泉地で和を羽織る

たっぷり温泉を堪能した後は、日本と台湾それぞれの特性を活かした和食懐石料理がお目見え。備前や有田といった日本が世界に誇る陶磁器に盛られた料理も必見。繊細な心遣いが行き届いたサービスと調理技法で、心からの「満たし」を提供してくれる。

家族、恋人、友人、それぞれの滞在シーンに合わせた客室とおもてなしが堪能できる星のやグーグァン。ワンランク上の台湾旅行を味わってみても良いかもしれませんよ。

星のやグーグァン
住所:台湾台中市和平区博愛里東關路一段温泉巷16号
交通:台北松山空港より台北駅で乗り換え、高速鉄道台中駅から車で約90分
電話:0570-073-066(9:00-20:00星のや統合予約)

This article is a sponsored article by
''.