毎日行列!台湾のギフトショップ
台湾台中の美しすぎるギフトショップ

画像1: 毎日行列!台湾のギフトショップ 台湾台中の美しすぎるギフトショップ

近年、歴史的建造物のリノベーションが盛んに行われている台湾。週末の弾丸トラベルする人も多いのでは。そんな読者さんたちに今回は、台湾・第二の都市・台中で必ず行くべき、おしゃれなギフトショップ「宮原眼科」をご紹介します。観光スポットとして人気を集め、日本とも繋がりが深い宮原眼科の内部をsenken trend newsエディターがお届けします。

画像2: 毎日行列!台湾のギフトショップ 台湾台中の美しすぎるギフトショップ

 宮原眼科はその名の通り、元々は日本人が開業した眼科医院。日本が台湾を統治していた1927年に日本人医師であり政治家だった宮原武熊氏が開業したのが、歴史のはじまり。

 宮原眼科が閉鎖してから数十年の時を経て、2012年に台中のお菓子メーカー・日出グループがリノベーションをして、今では新しい観光スポットとして毎日行列ができるほど人気が高まっている。

画像3: 毎日行列!台湾のギフトショップ 台湾台中の美しすぎるギフトショップ

 エントランスを抜けると、そこは中世ヨーロッパを思わせる美しい空間。当時の面影を残しつつ、見事に生まれ変わった姿をひと目見ようと、訪れる人が後を絶たない。

画像4: 毎日行列!台湾のギフトショップ 台湾台中の美しすぎるギフトショップ

どこか「懐かしさ」を感じさせるレトロなパッケージが印象的な「台湾茶」。

画像5: 毎日行列!台湾のギフトショップ 台湾台中の美しすぎるギフトショップ

台湾の定番ギフト「パイナップルケーキ」も、見映えを重視したおしゃれな仕様。

画像6: 毎日行列!台湾のギフトショップ 台湾台中の美しすぎるギフトショップ

 メインとなるギフトショップ以外にも、食べないと後悔すると話題のアイスクリーム(冰淇淋)やチョコレート専門店(巧克力)、レストラン(醉月樓沙龍)があってこちらも必見。ショッピングを終えた後もゆっくりと時間を過ごせる。

カメラを片手に写真や動画撮影を楽しむ人たちで常に賑わっている「宮原眼科」。台湾から日帰りで行ける、台中の注目スポットとして、ぜひ訪れてみては。

This article is a sponsored article by
''.